現役大学生のハイローオーストラリア攻略ブログ

現役大学生がバイナリーオプションで世界一周旅行の費用200万円を稼ぐまでのブログ。様々な攻略法を随時更新しています!

1月30日~2月2日の経済指標まとめ!アメリカの重要指標に打ち勝つためのエントリー方法を考察!

こんばんは!今週の経済指標の狙い目について考察していきます。結論から言えば今週は『USD/JPY』銘柄のみで勝負出来る上稼ぎ時となるでしょう。

 

水曜日からアメリカの重要指標ラッシュです。経済指標時は基本的に発表された直後に動きます。この経済指標考察記事では発表時に為替が動く方向を予想していますので、是非参考にして下さいね。

 

また発表直後は大きく上下しながら値動きが進むので30秒~1分という超短期取引よりも3~5分で取引する事をお勧めします。

 

まだハイローオーストラリアに登録していない方は5分で出来るので口座開設をしておきましょう。 

1月28日~2月2日の狙い目

1月30日:アメリカ・コンファレンスボード消費者信頼感指数

 

民間調査機関コンファレンスボードが一般消費者5,000人に対して行ったアンケート結果をまとめたものです。規模が大きく相場への影響力も強いです。

 

コンファレンスボード消費者信頼感指数

12月28日『米・コンファレンスボード消費者信頼感指数』値動き

 

前回はプラス128.1と若干悪い流れへと進みましたが、今回もその流れが継続するのか。それとも良い結果に復帰出来るのかに注目が集まります。

 

狙い方は簡単です。ポジティブサプライズは140ポイント以上でネガティブサプライズは110ポイント以下です。発表直後に3~5分取引で発表値の方向へ投資する事で勝ちやすくなります。

 

当日はアメリカのGDPやADP雇用者数の発表もあり、トレーダーは値動きに敏感になっている頃です。トレンドは素早く形成されると予想しています。

 

<狙い目>

発表値:140以上 USD/JPY=HIGH

発表値:110以下 USD/JPY=LOW

 

1月30日:アメリカ・ADP雇用者数

 

ADP社がまとめた雇用統計で、週末に発表される本番の雇用統計の前哨戦的な位置づけとなります。この指標でも値動きは大きいのでしっかりチェックしましょう!

 

ADP雇用者数

1月3日『米・ADP雇用者数』値動き

 

前回発表時にはプラス18ポイント以上という大きな影響をもたらした重要指標です。

 

そのため今回はその反動もあり伸び悩みが想定されますね。ポジティブサプライズは30万人以上の場合ですがあまり期待は出来ません。

 

逆に20万人以下の結果でネガティブサプライズとなるのでそちらを狙っていく方が無難かなと思います。どちらのサプライズでも無い場合(25万人等)は無理に取引する必要はありません。

 

<狙い目>

発表値:30万人以上 USD/JPY=HIGH

発表値:20万人以下 USD/JPY=LOW

 

1月31日:アメリカ・中古住宅販売成約指数

 

契約は完了しているものの、未引き渡し状態にある物件の数を指数化したものです。引き渡し前なので住宅市場の先行指標として扱われ、値動きが起きやすい指標です。

 

中古住宅販売成約指数

12月29日『米・中古住宅販売成約指数』値動き

 

昨年2018年は非常に良好な結果が連発された経済指標です。ポジティブサプライズはプラス5.0%以上、ネガティブサプライズとなるのは0.0%以下と考えるのが無難ですね。

 

気を付けたい事が1点あります。直前のADP雇用統計の結果を受けて相場が大きく動いている可能性があります。その為発表値に対し大きくトレンドが進む事が考えられますが、逆に一瞬だけ動く可能性もあります。

 

取引時間は3分くらいで、1回限りの取引に留めておくのがローリスクで良いと思います。

 

<狙い目>

発表値:5.0%以上 USD/JPY=HIGH

発表値:0.0%以下 USD/JPY=LOW

 

2月1日:アメリカ・雇用統計

 

アメリカの雇用者数の増減と失業率を把握するための指標で全経済指標中最も大きな値動きを見せます。月一の最大イベントなので必ず参戦しましょう。

 

アメリカ・雇用統計

1月4日『米・雇用統計』値動き

 

前回はプラス18.8ポイントと大きなポジティブサプライズを起こしましたが今回はどうでしょうか。今回もプラス30万人以上の結果でポジティブサプライズと呼べるのではないでしょうか?

 

逆に20万人台前半以下で大きなネガティブサプライズで米ドルは売られる方向に動くと考えられます。大きく値動きするので雇用統計に限っては5分足基準で1分取引を行うのもアリです!

 

<狙い目>

発表値:プラス30万人以上 USD/JPY=HIGH

発表値:プラス20万人以下 USD/JPY=LOW

 

考えにくいですが失業率が4%を超えた場合は発表値が良くても米ドル売り方向へ進むと思って下さい。

 

2月2日:アメリカ・ISM製造業景気指数

 

アメリカの供給管理協会が発表する重要指標で製造業に関する景気動向を的確に知ることができます。相場に対する影響力も大きいので是非見ておきましょう。

 

ISM製造業景気指数

1月4日『米・ISM製造業景気指数』値動き

 

前回は大きくネガティブサプライズとなりマイナス34.5ポイントもの相場下落の引き起こした指標です。窓があいてます。

 

今回は汚名返上出来るかに注目です。60ポイントというのが一つの基準になるでしょうね。前回に続き50.0を割り込むようなことがあると直前の雇用統計がよほどのポジティブサプライズでない限り米ドルは再び激しく売られる展開となりそうです。

 

一方で61.3以上の直近高結果となれば間違いなく米ドル買いに進見ます。前回の結果からも、狙いやすい指標なので発表値を確認し短期取引を行っていきましょう。

 

<狙い目>

発表値:61.3以上 USD/JPY=HIGH

発表値:50.0以下 USD/JPY=LOW

 

ハイローオーストラリア公式サイト
ハイローオーストラリア

ペイアウト2倍『ハイロースプレッド』『ターボスプレッド』が大人気の信頼度No,1ハイローオーストラリア!5,000円から入金できるので初めての人でも始めやすい!

ハイローオーストラリア公式サイトはこちら

 

ハイローオーストラリアで取引を始める流れ

所要時間:3分
口座開設
所要時間:5分
本人確認
所要時間:1分
入金
クリックで解説記事へ飛びます。

 

経済指標と合わせて読もう!ハイローオーストラリアで稼ぐ近道はコチラ!

ハイローオーストラリアで3年間ほどバイナリーオプションをやってきましたが、その中でも僕がこれだけははずせない!という攻略法を紹介しています

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!6つの必勝法!!

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!6つの必勝法!!

ハイローオーストラリアで攻略できる事を実証した、たった6つのポイントをまとめています。何もしらなかった僕が勝てるようになったバイナリーオプションを攻略するための必勝法です。誰でも簡単に実践出来る内容なので是非見て下さい!

記事はこちら
バイナリーオプション1本で2019年を食っていくための取引方法はコチラ

バイナリーオプション1本で2019年を食っていくための取引方法はコチラ

僕の経験を基にバイナリーオプション1本で2019年に利益を出す方法をご紹介しています。普段は聞けない情報も公開していますので是非参考にして下さいね。

記事はこちら