現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!

現役大学生がバイナリーオプションで世界一周旅行の費用200万円を稼ぐまでのブログ

MENU

10月15~19日は狙い目豊富!米ドル上昇に期待出来る週となりそうです!

こんにちは!今週の予想は米ドル円相場114円台を期待していたのですがアメリカの株式市場急落などもあって112円台前半まで押す場面もありましたね。この辺り読めなくて下落中も僕は中々取引が出来ませんでした。

 

今週いっぱいは米ドルの不安定な展開が続くと思いますが次週になれば落ち着きを取り戻すでしょう。となると再び米ドルは上昇すると思います。

 

その上昇のトリガーとなる経済指標は次週豊富に発表されるので是非『HIGH』で狙って行きたい所ですね。それでは次週10月3週目の経済指標を見ていきましょう! 

10月15日~10月19日の狙い目

10月15日:アメリカ・小売売上高

 

アメリカGDPの半分以上を占める個人消費に関する経済指標です。個人の景況感を示すとともにインフレ率にも影響を与えるため値動きの要因となる事が多いです。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20181011143248p:plain

 

アメリカの景気状況を知るのに特に有効となる指標です。GDPや中古住宅販売件数と並んで個人の懐具合を計ることができます。前回発表値が0.1%・0.3%に対して今回の予想は0.6%・0.5%となっていますから強い結果が期待されています。

 

前回発表時には13ポイント以上の米ドル高となったので恐らく今回は発表の直前から米ドル相場に動きがあるのではないかと思います。

 

直前に上がらなかったとしても、指標発表時には上に跳ねる可能性が高く、『HIGH』の一本狙いで間違いないと僕は思います。

 

10月16日:ドイツ・ZEW景況感指数

 

民間調査会社である『ZEW』がまとめた景気指数で半年先の実体経済を示すと言われているため注目度が高いです。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20181011145401p:plain

 

前回はマイナス10.6とかなり悪い結果となった同指標ですが、今回はこのマイナス傾向に歯止めが掛かるのかに注目です。

 

現状アメリカと日本は景気が順調ですが欧州は景気が失速気味の状況にあると言えます。特にドイツはユーロの中でも中心の存在となるのでドイツの状況が為替相場に大きな影響を与えているとみるべきです。

 

ですので当指標がプラス結果の場合は素直にユーロ上昇に繋がります。ですが今回もマイナス10ポイント以下の発表となった場合は更なる下落に繋がると予想します。

 

比較的狙いやすい指標となるのでしっかりと狙って行きたい指標になりますね。

 

10月18日:アメリカ・FOMC議事録

 

アメリカの金融政策を決定するのが『FOMC政策金利』で、その議事録がこの指標です。今後の利上げについて各理事がどのように考えているかを知る事ができ、内容次第で大きく値動きを見せますので見逃せません。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20181011151010p:plain

 

今後の継続的な金利引き上げについてどのような議論が行われたのか、その詳細が明らかとなるので注目度の高い指標となりますね。

 

発表される時間が深夜3時なので取引するのは難しいかもしれませんが、前回を見ても分かる様に値動きの大きな指標なので是非参戦したい所です。

 

継続的な金利引き上げが強く示唆される内容だった場合は米ドル円の急上昇となる可能性が高い為、期待しつつ見てみましょう。

 

起きてる方は『USD/JPY』でHIGH待ちしてみるのはいかがでしょうか?

 

10月18日:アメリカ・フィラデルフィア連銀景況指数

 

フィラデルフィア連銀から発表される景況指数でISM製造業景況指数とも親和性が高く注目されています。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20181011153428p:plain

 

前回は22.9というやや強めの結果ではあったのですが相場はあまり上昇しませんでしたね。必ずしも経済指標の結果のみで為替が取引されているわけではないので難しい部分ではありますね。

 

現状ではフィラデルフィア連銀景況指数はネガティブサプライズが起こった場合にのみ注目される可能性が高いと考えられます。

 

特に発表直前に米ドル円が上昇していた場合は売りのトリガーとなる事も考えられますのでここでは『USD/JPY=LOW』で待ち、下方向へ動き出したら乗っかって行きましょう。

 

10月19日:アメリカ・中古住宅販売件数

 

 アメリカの中古住宅の販売件数を示す指標。米国の個人消費や個人の景況感を強く反映する。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20181011154248p:plain

 

週最後の重要経済指標にして週最大のイベントだと考えます。

 

アメリカの不動産市場関連の指標の中でも最も重要視されている中古住宅販売件数の数値が公表されます。アメリカはの場合不動産は購入した上で「住む」か「投資に使う」かだけです。

 

自分自身のステータスとしても扱われ、自分が大きくなれば成る程不動産もランクアップする為、その度に引越しをします。なので流動性が高まって市場として成長するわけですね。ここが日本と違う所です。

 

中古住宅販売件数が増えるという事はアメリカの景気の良さを表すものとなりますので値動きが大きくなります。

 

今回の予測値は530万件ですが、10%程度上回る580万件になるとポジティブサプライズとして扱われそうです。

 

ハイローオーストラリア公式サイト
ハイローオーストラリア

ペイアウト2倍『ハイロースプレッド』『ターボスプレッド』が大人気の信頼度No,1ハイローオーストラリア!5,000円から入金できるので初めての人でも始めやすい!

ハイローオーストラリア公式サイトはこちら

 

ハイローオーストラリアで取引を始める流れ

所要時間:3分
口座開設
所要時間:5分
本人確認
所要時間:1分
入金
クリックで解説記事へ飛びます。

 

経済指標と合わせて読もう!ハイローオーストラリアで稼ぐ近道はコチラ!

ハイローオーストラリアで3年間ほどバイナリーオプションをやってきましたが、その中でも僕がこれだけははずせない!という攻略法を紹介しています

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!6つの必勝法!!

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!6つの必勝法!!

ハイローオーストラリアで攻略できる事を実証した、たった6つのポイントをまとめています。何もしらなかった僕が勝てるようになったバイナリーオプションを攻略するための必勝法です。誰でも簡単に実践出来る内容なので是非見て下さい!

記事はこちら
バイナリーオプションをやる上で覚えておきたい主要6つの通貨ペアの特徴

バイナリーオプションをやる上で覚えておきたい主要6つの通貨ペアの特徴

それぞれの通貨ペアの値動きの特徴を覚えておく事で取引を有利に進められる!この特徴を理解し、上の記事の攻略法を実践する事で勝率は面白いくらいアップ!経済指標実践の前に一度は読んで頂きたい!

記事はこちら