現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!

現役大学生がバイナリーオプションで世界一周旅行の費用200万円を稼ぐまでのブログ

MENU

4月2日~6日の経済指標から見る狙い目はココだ!米・雇用統計も待ってますよ!

こんにちは!今日は金曜日という事で次週4月1週目の経済指標と狙い目についてみていきたいと思います!前回「実質GDP確報値」で何か起こるかも!とお伝えしていましたが何も起こりませんでした…すみません。

 

ですが次週は違いますよ。何と言っても4月6日(金)「米・雇用統計」が発表されます!間違いなく為替変動が起こるので狙わないと絶対に損です!久しぶりに狙い目豊富な週となりそうなので嬉しい一週間になりそうです!では早速見ていきましょう!

4月2日~4月6日の狙い目の経済指標

4月3日:豪・中銀政策金利

 

オーストラリアの中央銀行が発表する政策金利なんですけど、現状1.5%の維持が1年半程続いているので、どの段階で引き上げ方向に向かうか?というのが注目される指標です。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180330154855p:plain

 

前回は発表後に上下に動きましたね。その後大きく陽線を付けたので、反動の逆張りで勝ちやすかったのではないでしょうか?

 

今回見るべき点は”予測値1.5%”を超えて来るかどうかです。 越えればサプライズとなり大きく豪ドル(AUD)は上昇すると読んでいます!

 

しかもこのサプライズが起こる要素もあるんですよ。というのも現状のオーストラリアの景気が順調に伸びているんですが、日本貿易振興機構の調査においても、オーストラリアに進出している日系企業の約7割が昨年黒字という結果が出たんですね。

 

当然オーストラリア国内企業にも同じ様な傾向が見られていて、失業率の改善でしたり給料の上昇という事に結びつくと考えられます。しかも今は歴史的に見ても低い金利で維持されていますのでいつ上がってもおかしくは無い状況が出来上がっている訳です。

 

狙う場合は”AUD/JPY”で、サプライズを意識して取引に臨みましょう!予想通りでも「まだ上がらないんだ…」という事で前回の様に下がる可能性もあるので、値動きの初動に合わせて順張りしていくと勝ちやすいと思います!

 

4月4日:ユーロ・雇用統計

 

ユーロ圏における雇用状況・失業率を知ることのできる指数です。メジャー通貨の雇用統計なので見逃すわけにはいきませんね。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180330165413p:plain

 

前回発表時はそこまで動かなかったものの今回は別です。先日、IMFのラガルド専務理事は”欧州に対してアメリカは通貨戦争を仕掛けない”という見方を発表しました。

 

もしこれが正しいのであれば中国とアメリカの間で問題が起きてもユーロには影響しないという事になります。となるとリスク回避時の通貨としても選考されますよね?

 

更にこの時間はユーロ圏の消費者物価指数の速報も発表となりますので為替変動が起こる事が大きく期待出来ますよ!

 

狙う通貨はEUR/JPY”。今回は予想値も8.5%と前回よりも0.1%改良の予想となっていますので、先程の事と合わせて”HIGH”が濃厚かなと思います。

 

4月4日:アメリカ・ISM非製造業景気指数

 

供給管理公社が発表するサービス業やIT関連ソフトウェア産業等の景気指数で先行性が高く利用価値も高いデータの為注目される指標です。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180330170744p:plain

 

今回の予測値も59.0と、製造業同様強く、60ポイントを狙える位置までゆっくりとと上昇しています。またその他この日は米ADP雇用統計、製造業新規受注、耐久財受注、週間石油在庫統計などの重要指標も同時に発表となります。

 

全体としては好調のアメリカですので米ドル(USD)上昇の予想が出来るますよね!なので”USD/JPY””HIGH”を狙って行きましょう。

 

ただしこの指標よりも先に発表される”ADP雇用統計直後からの流れ”には注意を払いましょう。 

 

4月5日:アメリカ・貿易収支

 

常に赤字の貿易収支ですがトランプ政権の手腕が最も問われる分野の一つとして注目度が高く、値動きにも期待出来る指標です。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180330172618p:plain

 

前回発表値は566億ドル で今回の予測値は560億ドルと若干の縮小となります。どれだけ赤字額が圧縮されるのかが毎回注目となる貿易収支ですが、内需が強い分輸入額は年々増加している傾向にあります。

 

その為予想通り560億ドル規模で済むのかどうかという事にも注目されます。また、現在の金融市場での最大のテーマが米中貿易戦争の行方ですので今回のアメリカ・貿易収支は非常に多くの投資家が注目すると思います。

 

ここは”USD/JPY”でチャートの初動に乗っかって短期取引の順張りを行うのが無難ではないでしょうか?値動きには大きな期待が持てますよ!

 

4月6日:カナダ・雇用統計

 

アメリカのお隣カナダの雇用統計です。今回何故注目したかと言うとアメリカの雇用統計と同じタイミングで発表されるからです。またカナダドルの特徴としては米ドルと同じ方向に動く可能性が高いという事。

 

カナダ雇用統計とアメリカ雇用統計が同じように良い(悪い)結果だった場合、当然アメリカ雇用統計の方が影響が大きいので、米ドル(USD)に比べるとカナダドル(CAD)の動き出しが遅くなる可能性が有ります。

 

それにカナダドルの通貨ペアは短期取引に無くHighlow取引だけなので相性もバッチリです!なので米ドルの進む方に”CAD/JPY”で取引をしておけば勝ちやすいかと思います。

 

4月6日:アメリカ・雇用統計

 

非農業部門雇用者数(NFP)と失業率が注目される最重要経済指標です。バイナリーオプションをやる上では絶対に狙いたい経済指標となりますね。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180330182844p:plain

 

前回の雇用統計の様子ですが物凄く上下していますねー。伸びきった所で逆張りで取引すると物凄く勝ちやすいです。

 

前回発表値31.3万人ですが毎年3月は雇用者数が減少する時期となるので今回は18.5万人の増加予想となっています。一見すると悪い数字に感じられますがそうではないので注意しましょうね。

 

今後の米中貿易戦争がどのような展開を見せるのかによって、当然雇用統計の数字にも変化が現れるはずですが今回は影響がないと言えます。純粋に相場の値動きを見て、上昇下降しきった所で逆張りを行う様な取引をしていきましょう。

 

狙う通貨ペアは”USD/JPY”です!

 

ハイローオーストラリア公式サイト
ハイローオーストラリア

ペイアウト2倍『ハイロースプレッド』『ターボスプレッド』が大人気の信頼度No,1ハイローオーストラリア!5,000円から入金できるので初めての人でも始めやすい!

ハイローオーストラリア公式サイトはこちら

 

ハイローオーストラリアで取引を始める流れ

所要時間:3分
口座開設
所要時間:5分
本人確認
所要時間:1分
入金
クリックで解説記事へ飛びます。

 

経済指標と合わせて読もう!ハイローオーストラリアで稼ぐ近道はコチラ!

ハイローオーストラリアで3年間ほどバイナリーオプションをやってきましたが、その中でも僕がこれだけははずせない!という攻略法を紹介しています

画像の名前

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!たった4つの必勝法!!

ハイローオーストラリアで攻略できる事を実証した、たった4つのポイントをまとめています。何もしらなかった僕が勝てるようになったバイナリーオプションを攻略するための必勝法です。誰でも簡単に実践出来る内容なので是非見て下さい!

記事はこちら
バイナリーオプションをやる上で覚えておきたい主要6つの通貨ペアの特徴

バイナリーオプションをやる上で覚えておきたい主要6つの通貨ペアの特徴

それぞれの通貨ペアの値動きの特徴を覚えておく事で取引を有利に進められる!この特徴を理解し、上の記事の攻略法を実践する事で勝率は面白いくらいアップ!経済指標実践の前に一度は読んで頂きたい!

記事はこちら