現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!

現役大学生がバイナリーオプションで世界一周旅行の費用200万円を稼ぐまでのブログ

MENU

バイナリーオプションで使える7月16日~20日の経済指標はコチラ!ポンドと米ドルが狙いやすい週となります!

こんにちは!いやぁ毎日暑いです!こんな日はキンキンに冷えたビールが美味しいでしょうね!キンキン…という訳で今日は金曜日。金曜日は恒例の次週の経済指標について見ていきますね。ちょっと臭かったでしょうか?(笑)

 

次週16日の月曜日ですが「海の日」で祝日です。祝日なので円相場がお休みですから「JPY」のペアでは取引出来ません。気を付けましょうね。

7月16日~7月20日の狙い目

7月16日:アメリカ・小売売上高

 

アメリカの個人消費の強さを示す指標です。特にアメリカはGDPの大部分を個人消費が占めるので非常に重要な指標となりますよ。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180713182732p:plain

 

アメリカの個人消費というのは世界的に大きな影響を与える重要指標です。

 

中国だけでなく欧州にも貿易関連で喧嘩を売っているトランプ政権ですがこの悪影響が翻って個人消費にも影響…となれば当然戦略見直しを迫られかねませんよね。

 

小売売上高は1.0%を超えるとポジティブサプライズとなります。一方で0.5%を割り込むようなことがあると週初からいきなり円高傾向が強まり、以降の指標にも影響が出そうですね。

 

ただ、この日は祝日で日本の円相場がお休みです。なのでドル円と相関関係にあるユーロドルで取引をしていきましょうね!

 

発表値:1.0以上 EUR/USD=LOW

発表値:0.5以下 EUR/JPY=HIGH

 

となります。

 

7月17日:英国・雇用統計

 

イギリスの失業率及び、失業保険申請数が発表されます。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180713182549p:plain

 

これまで同様に今回も低い失業率が継続される予想となっています。

 

失業率の低下は賃金の上昇に繋がりますが、ここで同時にインフレ率も上昇しなくては本格的な景気拡大局面とはなりません。

 

特にイギリスはユーロ脱退を控えていることから景気の先行きに対してあまり楽観的ではありませんが、それだけに金融政策当局が思い切った決定や発表を行うと相場が大きく動く可能性が高くなります。

 

またポンドは145円~150円の滞空時間がとても長いので、その分上下どちらかに振れると長期間に渡って大きく走る可能性があります。そうなったら「GBP/USD」が非常に狙いやすくなりますね。

 

この指標では、チャートの動く方向へ順張りで進めていくと勝ちやすいと思います。

 

7月17日:アメリカ・鉱工業生産指数

 

アメリカの製造業関連の景気状況を知る事の出来る重要指標で注目度は高いです。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180713182342p:plain

 

設備稼働率の低下は企業の景況感に長期間に渡って悪影響を与えます。当然失業率の悪化や賃金の低下に繋がるためドル売りへと発展します。

 

特に最近は貿易摩擦の影響もあって特に鉱工業生産指数は悪化しやすい状況となっていますね。

 

鉱工業生産指数は前回もマイナスでしたが今回もマイナスとなれば連続となりかなりネガティブに受け取られる可能性がありそうです。

 

また、設備稼働率は80%以上であればポジティブ、70%を割るような結果になればネガティブサプライズとなり円高へ進むと思います。

 

これまでの流れからこの指標、僕は「USD/JPY=LOW」の取引が濃厚かなと思っています。

 

7月18日:英国・消費者物価指数

 

イギリス国内の消費者の持つ景況感やインフレ度合いを示す重要指標で政策金利の決定にも直接的な影響を与えるので要チェックです!

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180713182128p:plain

 

同じ時刻に小売物価指数と生産者物価指数も発表されるので、インフレに関する指標が一気に出揃う形になります。これらの指標は政策金利の決定に直接的な影響を与えますので値動きに注意しましょう。

 

消費者物価指数は最終的に個人が支払う物とサービスの値段を示すもので、現状は大きな伸びとはなっていませんけどインフレ具合が高まれば当然政策金利は引き上げられます。

 

そうなってくると短期的にポンドに資金が流入することになりますから、消費者物価指数がポジティブサプライズだった場合は「GBP/JPY=HIGH」で取引を狙って行きましょう!

 

7月19日:アメリカ・フィラデルフィア連銀景況指数

 

フィラデルフィア連銀から発表される景況指数でISM製造業景況指数とも親和性が高く注目されている指標になります。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180713181949p:plain

 

ここ最近は20台中盤の数値が公表されていましたが前回は19.9と弱めの結果になりましたね。その為発表後一気に値が下がりました。ここから再度上へ抜けてくるかが注目となります。

 

逆に15を下回ったりマイナス圏の結果となれば怪しいムードが漂います。というのも中国や欧州との貿易戦争の負の面を強く連想させますので米ドルに対して売りが大きく可能性も否定できません。

 

発表値:24以上 USD/JPY=HIGH

発表値:15以下 USD/JPY=LOW

 

狙い目となるのはこの発表値と予想しています。週最後のアメリカ発経済指標なのでしっかりと取引を行っていきましょう!

 

ハイローオーストラリア公式サイト
ハイローオーストラリア

ペイアウト2倍『ハイロースプレッド』『ターボスプレッド』が大人気の信頼度No,1ハイローオーストラリア!5,000円から入金できるので初めての人でも始めやすい!

ハイローオーストラリア公式サイトはこちら

 

ハイローオーストラリアで取引を始める流れ

所要時間:3分
口座開設
所要時間:5分
本人確認
所要時間:1分
入金
クリックで解説記事へ飛びます。

 

経済指標と合わせて読もう!ハイローオーストラリアで稼ぐ近道はコチラ!

ハイローオーストラリアで3年間ほどバイナリーオプションをやってきましたが、その中でも僕がこれだけははずせない!という攻略法を紹介しています

4つの攻略法

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!たった4つの必勝法!!

ハイローオーストラリアで攻略できる事を実証した、たった4つのポイントをまとめています。何もしらなかった僕が勝てるようになったバイナリーオプションを攻略するための必勝法です。誰でも簡単に実践出来る内容なので是非見て下さい!

記事はこちら
バイナリーオプションをやる上で覚えておきたい主要6つの通貨ペアの特徴

バイナリーオプションをやる上で覚えておきたい主要6つの通貨ペアの特徴

それぞれの通貨ペアの値動きの特徴を覚えておく事で取引を有利に進められる!この特徴を理解し、上の記事の攻略法を実践する事で勝率は面白いくらいアップ!経済指標実践の前に一度は読んで頂きたい!

記事はこちら