現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!

現役大学生がバイナリーオプションで世界一周旅行の費用200万円を稼ぐまでのブログ

MENU

年内のラストチャンス?クリスマス直前の経済指標は普段よりも変動が起きやすい!

こんばんは。クリスマスまで後少しとなりましたけどプレゼントなどの準備は出来ていますか?来週にしようと考えている方は危ないですよ。近くの家電製品店に行ってきましたけど人気の商品などは既に品薄だったり、既に売り切れている事がほとんどでした…。もう少し早く行動すべきでした。

 

ちなみにクリスマスというと海外の為替市場がお休みになる事がほとんどなんですよ。なので必然的にハイローオーストラリアも取引が出来なくなっちゃいます。

 

なので投資家、トレーダーの方はこのクリスマス前は仕事納めムードが強くなってくるんですね。という事はクリスマス以降、為替の変化が少なくなり平行線を進む事も考えられます。そうなると、このクリスマス前の経済指標が年内のラストチャンスとなる訳です。その波に乗りここは是非狙っていきましょう。

 

12月4週目の経済指標は後半に集中

 

来週は後半(21~22日)に重要な経済指標が固まって発表されます。トレーダーの方が年末年始の長期休暇に入る前にポジションを大きく動かす事が考えられますよね。

 

では狙い目について個人的に考えてみたいと思います。今年のラストチャンスだと思って気合入れて行きましょう!

  

12月19日:アメリカ・住宅着工件数

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20171215144147p:plain

 

まずは火曜日の22時30分から行われるアメリカの住宅着工件数です。アメリカで着工された住宅件数と、建設が許可された件数がそれぞれ別に発表されます。

 

個人の消費動向の中でも最も影響が大きいと言われている指標ですね。アメリカでは家は住むだけの物では無くて投資の為に購入する方も多いんですね。それでなくてもアメリカは広いですし移民等含めて人口が増加してますので不動産の価値は日本よりも断然高まりやすいんですよ。

 

前回は129万件の発表で今回の予測値は123万件とされていますので、予測を大きく下回る様なら「USD/JPY」は「LOW」、上回る様なら「HIGH」で見ておきましょう。予想値と変わり映えが無い場合も「HIGH」へ動くと予想します。

 

12月21日:アメリカ・中古住宅販売件数

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20171215144558p:plain

 

またもや不動産関連の指標です。発表は21日の0時からです。コチラはアメリカの中古住宅の販売件数の統計データになります。アメリカでは中古住宅市場も巨大で、個人の資産の余裕が大きい程売買が活発になります。早い話がこの数字が大きかったら景気良いですよって意味ですね。

 

例えば家を売る人はその代金を元に更に更にランクの高い物件を購入します。中古住宅市場が勢い付いてる事が景気の良さに直結するのあれば必然的にドルの価値が上がりますよね。

 

中古住宅市場はここ数年間緩やかではあるんですけど確実に拡大しています。なので前回発表値が548万件に対し、今回も予測値が552万件と上昇予測が発表されています。

 

順当に行けば「USD/JPY」は「HIGH」の方向へ動くと見られますので、準備しましょう。取引時間が夜なのも嬉しい所ですよね。ちなみに500万件を下回る結果になってしまった場合、一気にドルが売られる事となるのでその時は「LOW」取引オンリーで勝負できると思います。可能性としては低いですが、頭の片隅に入れておいてください。

 

12月21日:アメリカ・実質GDP(確報値)

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20171215150758p:plain

 

雇用統計などと並びアメリカの最重要経済指標の一つ、GDPの確報値です。速報値に比べるとインパクトは薄いですが、その速報値と大きく離れると為替相場に影響を与える指標なので、見過ごせません。

 

発表時間は21日の22時30分からと、参戦しやすい時間なのも嬉しいです!

 

さて、この21日夜から22日夜にかけてが本番です。今年最後の重要経済指標発表ラッシュの開始です!この指標と同時に「個人消費」の前期比年率も発表となりますよ。なのでこの時間から相場が大きく動く可能性が高いです。

 

今回の予測は前回の発表値である3.3%を超える、3.4%と予測されていて、「USD/JPY」は「HIGH」へ上がる可能性が非常に高いとみています。特にこの時期の重要な指標の時はフライング気味に購入する方も多く、早くから動く可能性もあります。ですので動きがあり次第順張りにて取引をしていって問題ないと思います。

 

12月21日:アメリカ・フィラデルフィア連銀景況指数

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20171215190636p:plain

 

フィラデルフィア連銀の発表する経済指標で、製造業における景況感を測るために使用されます。上で書いた「実質GDP」や「新規失業保険申請件数」と同時刻の、21日22時30分に発表される指標です。

 

これらの指標がいい結果でも悪い結果でも、全て同じ様な内容になった場合、相場は大きく動来ます!

 

結果が全て良い場合…「USD/JPY」は「HIGH」

結果が全て悪い場合…「USD/JPY」は「LOW」

 

この様に待ちましょう。仕入単価や販売価格といったプロバイダー側が関わる価格動向も発表されるので景気の良さを計る上では、先行指数となる事も多いです。

 

という事は比較的動き易く狙い易い指標という事です。

 

12月22日:アメリカ・耐久財受注(速報値)

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20171215195444p:plain

 

こちらもクリスマス前の重要指標です。耐久財(耐久年数3年以上)への受注額の事を意味します、重要度の高い速報値として先立って発表される為見逃せません。

 

設備投資の先行指標としても注目されていて、中でも変動率の大きい輸送関連を除いた「非国防資本財受注」の注目度が高いです。ここの結果を基に為替が動く可能性が高いと見ています。

 

なので為替の動きに合わせて「USD/JPY」を順張りで取引出来るチャンスです。22時30分から始まるので参戦もしやすいと思います。着いて行くような取引で大丈夫です。

 

最後に

 

ビッグイベントと呼べる経済指標こそないものの、クリスマス前の最後の経済指標の為トレーダーの注目があり狙いやすい指標となっています。

 

なので基本的には「USD/JPY」の順張りで取引です(くどいですが)。是非この年内最後のお祭りに参加してみて下さい!

 

ハイローオーストラリア公式サイト
ハイローオーストラリア

ペイアウト2倍『ハイロースプレッド』『ターボスプレッド』が大人気の信頼度No,1ハイローオーストラリア!5,000円から入金できるので初めての人でも始めやすい!

ハイローオーストラリア公式サイトはこちら

 

ハイローオーストラリアで取引を始める流れ

所要時間:5分
口座開設
所要時間:30分
本人確認
所要時間:2分
入金
クリックで解説記事へ飛びます。

 

合わせて読みたい『管理人がこよなく愛するハイローの攻略法 』を紹介!

ハイローオーストラリアで3年間ほどバイナリーオプションをやってきましたが、その中でも僕がこれだけははずせない!という攻略法を紹介しています

画像の名前

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!たった4つの必勝法!!

ハイローオーストラリアで攻略できる事を実証した、たった4つのポイントをまとめています。何もしらなかった僕が勝てるようになったバイナリーオプションを攻略するための必勝法です。

記事はこちら
勝ちたいならこれを見ろ!勝率9割のハイローオーストラリアで使える3つのお手軽テクニック

勝ちたいならこれを見ろ!勝率9割のハイローオーストラリアで使える3つのお手軽テクニック

初心者でも5分読めば実践できるテクニックを使い攻略!エリオット波動やRSI等お手軽取引法をご紹介しています。勝ちにこだわる取引をするならまずはココを見るべし!

記事はこちら