現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!

現役大学生がバイナリーオプションで世界一周旅行の費用200万円を稼ぐまでのブログ

MENU

11月5週目の経済指標から見る取引の狙い目はココだ!【前編】

こんばんは!11月第4週の今日金曜日、アメリカではブラックフライデーですね。ブラックとついていますが、これは悪い意味では無くて、黒字という意味のブラックです。

 

各小売店の商品販売価格が大幅に安くなって、買い物客が殺到して繁盛することで知られていてアメリカの小売業界では1年で一番売り上げを見込める日だとか。だからブラック(黒字)フライデー(金曜日)なんですねー。

 

一応日本でもやってますけど、ハッキリ言って微妙です(笑)さっき僕も色々見てきましたが「ブラックフライデー!ポイント10倍!」「一部商品10%引き」とか、本家に比べるとですね…。

 

愚痴は置いときまして、本題です。今日は金曜日なので来週の取引の狙い目について書いていきたいと思います。

 

11月5週目前半の経済指標と、取引のチャンスは?

 

11月も来週で終わりですが狙い目となる経済指標が多いので、今回も前編後編に分けて書いていこうと思います。

 

前編:27日(月)~29日(水)

後編:30日(木)~12月1日(金)

 

実は先週後半でドルが111円台前半まで下落するという展開になっています。ちょっと驚きでした。

 

が、経済環境的には日米含め世界的に良好で、アメリカは金融緩和の出口戦略に、日本では更に緩和を強化しようかという状況なのでドル高に進む下地は整っています。なので「USD/JPY」の「HIGH」を狙える状況にあるという事です!

 

11月第5週GDPの改定値を含め、「住宅関連指標」「個人消費関連指標」など多くの重要経済指標が発表されます。特に注目は、やや供給不足気味になっている住宅販売に改善の兆しが見られるかどうかですねー。良い兆しが見えればドル高に進むのは間違いないと思います!

 

それでは各指標を見ていきましょう。

 

11月28日:アメリカ・新築住宅販売件数

 

午前0時から始まるこの指標は注目です!巨大なアメリカ住宅市場の中でも先行性の高い指標で今後の個人消費や設備投資の動向を見る上でも重要な指標ですね。

 

アメリカは現状、日々株式インデックスが過去最高値を更新するなど活気に溢れていて、この資産高の流れが住宅市場にまで及んでいるかが今後の景気動向を見る上でとても重要となっています。

 

ちなみに前回、この指標発表の結果為替は大きくドル高へと動きました。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20171124200446p:plain

 

前回発表値が「66.7万件」で今回の予測値が「61.5万件」となっていますが、この予測を超えるような事があれば同じ様な現象が起こる事も考えられます。

 

ここは「USD/JPY」の「HIGH」で待ちましょう!

 

11月28日:アメリカ・卸売在庫(速報値)

 

アメリカの卸売市場の流動性を評価するための調査で「速報値」は最も市場関係者の注目度が高いです。年末商戦、クリスマス商戦を控えた影響がどの程度現れるのかという点でも重要な指標です。

 

卸売在庫は景気動向の強さを端的に示す重要な指標です。特にアメリカは12月が個人消費が最も大きくなる月で、それに向けて10月以降は卸売在庫は大きくなる傾向が有ります。

 

普通だったら卸売在庫の積み上がりは「売れていない」と景気の悪さを感じさせそうですけどこの時期に関しては年末商戦への期待の大きさと考えられます。良い結果になると予想されていますが、その場合どこまでドルが伸びるのか楽しみですね!

 

ここは「USD/JPY」の「HIGH」で取引を狙いましょう!1つの稼ぎポイントだと僕は見ています。

 

午後10時30分より始まります。

 

11月28日:アメリカ・S&Pケースシラー住宅価格

 

S&P社が発表する米国主要都市の住宅価格の動向についての指標で「新築住宅販売件数」との関連も強いです。資産価格の上昇が個人消費に直接影響を与える、アメリカの景況感を測る事が出来る重要な指標なんですね。

 

ではどこがポイントかと言うと、新築住宅販売件数との方向性の違いに注目です。

 

例えば新築住宅販売件数がやや弱い内容だった場合、このS&Pケースシラー住宅価格が強いと大きく変動が起きます。勿論逆ものパターンでも起きます。

 

なので、先に発表された「新築住宅販売件数」と逆の結果で狙うといいんですけど、可能性は正直低いかなと考えます。ただ、何が起こるか分からないので、注目はしておきたい指標となります。同じ方向の場合は特に無理して狙う指標では無いと考えています。

 

午後11時の発表です。

 

11月29日:アメリカ・コンファレンスボード消費者信頼感指数

 

コンファレンスボードというアメリカの民間調査機関が発表する消費者アンケートの結果です。対象者数は5,000人と比較的大規模で、個人の景況感等を測る上で参考になります。年末商戦に向けての個人が盛り上がってるのか?というのが分かる指標ですね。

 

対象者数が多いことから信頼性が高く重要度も大きい指標で、ここ数ヶ月間は順調に右肩上がりの結果になっています。ですがマイナスな結果になる事も多い為、今回はそこを狙って取引する流れになります。 過去のデータからその可能性は低いんですけど、先程もお伝えしたようにマイナスな結果になる事が多々あるので、見過ごす事が出来ない指標になります。

 

結果が順当に良かった場合でも年末に向けて盛り上がりの加速度を確認する事が出来るので、それはそれでドル高へ動く可能性は高いです。

 

結果が良い場合「USD/JPY」は「HIGH」へ

結果が悪い場合「USD/JPY」は「LOW」

 

これで狙ってみましょう!午前0時より始まります。

 

11月29日:アメリカ・実質GDP(改定値)

 

アメリカGDPの改定値で、速報値と比べると市場に与えるインパクトは小さいですが、修正幅によっては大きな影響を与えるケースもあるんですね。

 

普通、改定値はそこまで重要とされる指標ではないので過剰な期待を寄せるべきではないんですけど、前回は修正された結果が強かった為に市場に大きな影響を与えました。

 

毎回起こるものではないですけど、万が一今回も修正幅が強く生じた場合は順張りで取引していくと良いでしょう。

 

なので狙う場合は「USD/JPY」を「HIGH」で取引しましょう。午後10時30分から始まります。

 

まとめ

 

ドルが下がっているのもあって全体的に上昇する予想が強い前半となりそうです。なので第5週は比較的狙いやすい週になるのではないかと考えています。

 

大きな上昇は考えにくいですが、緩やかに上昇していく流れだと踏んでいるので長めの時間を取ったスプレッド等はっかなり有効になりそうです。

 

逆に急上昇する場合は短期の30秒ターボで一気に稼ぐ事も出来るので、どちらにしても「HIGH」狙いが勝率が高くなると思います。

 

是非狙ってみて下さい!

 

ハイローオーストラリア公式サイト
ハイローオーストラリア

ペイアウト2倍『ハイロースプレッド』『ターボスプレッド』が大人気の信頼度No,1ハイローオーストラリア!5,000円から入金できるので初めての人でも始めやすい!

ハイローオーストラリア公式サイトはこちら

 

ハイローオーストラリアで取引を始める流れ

所要時間:5分
口座開設
所要時間:30分
本人確認
所要時間:2分
入金
クリックで解説記事へ飛びます。

 

ハイローオーストラリア関連記事

 

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!4つの必勝法!!

ハイローオーストラリアで攻略できることを実証した、たった4つのポイントをまとめています。何もしらなかった僕が勝てるようになったバイナリーオプションを攻略するための必勝法です。バイナリー...

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!4つの必勝法!!

 

移動平均線でバイナリーオプションを攻略できる!?【ハイローオーストラリア】

どうも、こんにちは。 昨日はビアガーデンに行ったのですが、天気も良かったのでとても気持ちが良かったですねー。梅雨入ったのになーなんて思っていたら、今日は朝からばりばり雨降っていま...

移動平均線でバイナリーオプションを攻略できる!?【ハイローオーストラリア】