現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!

現役大学生がバイナリーオプションで世界一周旅行の費用200万円を稼ぐまでのブログ

MENU

値動き必至のFOMCを逃すな!9月4週目の経済指標と狙い目

こんにちは!明日からまた3連休となりますね!しかし僕はまたまた風邪をひいちゃいました…。最近は寒くもなってきましたので皆さんも体調を崩さない様に注意しましょうね!それでは今日は次週、9月4週目の経済指標について見ていきたいと思います。

 

次週9月第4週目は『FOMC』を始めアメリカ発の経済指標集中しています。特にFOMCではいよいよ利上げ!113円を突破する展開になりそうですね!当然狙い方としてはUSD/JPYの『HIGH』です!寝てしまって乗り遅れない様にしっかり取引していきましょう! それでは次週の経済指標について見ていきましょう!

9月24日~9月28日の狙い目

9月24日:ドイツ・Ifo景況感指数

 

ドイツの非営利研究機関『IFO研究所』がドイツ1万件の企業を対象に行った景気に対する調査結果をまとめたものです。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180921105731p:plain

 

約半年数値が低迷している同指標ですがやはり景況感を素早く計れる為注目度は高くユーロが動く要因となります。

 

今回も前回同様103程度の予想となると考えられますが、ここにきて数値を『110』まで戻してくるとサプライズとなってユーロ円は大きく上昇するでしょうから、発表値に期待しましょう!

 

9月25日:アメリカ・コンファレンスボード消費者信頼感指数

 

民間調査会社『コンファレンスボード』が発表する経済指標で、個人5,000人に対する大規模調査の結果になるので信頼性が高いです。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180921115014p:plain

 

前回の『133.4』と比較すると今回は『130.5』と若干の下落が予想されている同指標ですが、水準自体は高いため予想通りの結果だとしても米ドル相場が下がる可能性は低いです。

 

アメリカの現状の最大の関心事は中間選挙です。共和党が大敗した場合トランプ大統領の求心力が低下してしまうのではないかという懸念されます。

 

実際、中間選挙でホワイトハウスと議会の精力がねじれてしまうのは最近のアメリカでは珍しくない現象で今回もおそらくそうなるでしょう。アメリカ大統領の任期後半は政治が中々進まなくなるという状況になるのも毎回恒例ですしね。

 

ただアメリカは次回の利上げは直近に控えていますからそう簡単には下がりにくい環境です。なので結果がどうあれ上昇する可能性の方が高いと言えますし、下がっても一時的なので逆張りも狙いやすいという事になります。

 

9月26日:アメリカ・新築住宅販売件数

 

 アメリカにおける新築住宅の販売件数です。中古住宅市場より規模は小さいのですが、景気に対する先行性は1番とされる程重要な指標なのでしっかりと狙って行きましょう。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180921115257p:plain

 

新築物件につきアメリカ住宅市場を示す経済指標の中でも特に先行性が高く、為替相場に大きな影響を与える事が多い重要指標です。

 

中古住宅に比べ割高だからこそ、当指標が強く上昇することがあれば景気が相当加熱していると考えられるわけなんですね。

 

アメリカは移民も多く常に人口が増え続けています。新しく移民してきた人にも十分な職と所得があれば当然住宅需要は高まり続けますし、投資対象としても有力となります。その為不動産系の指標は常に値動きのチャンスと捉えて取引に臨みましょう!数値が高ければ上昇しやすい、低ければ下がりやすいと、分かりやすい狙い方が出来ますので是非とも狙って行きたいですね。

 

そんな新築住宅販売指数ですが今回の予測値は62.5万人です。この数値を基準にHIGHかLOWかで取引を行いましょう。

 

9月27日:アメリカ・FRB政策金利(FOMC)

 

連邦公開市場委員会の決定する米国の政策金利が発表されます。利上げもこのFOMCで発表される為最重要経済指標の1つとなります。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180921120352p:plain

 

当週のメインイベントがこのFOMC政策金利発表です。今回は金利の引き上げが予想されているので今月一番の注目度となるでしょう!発表直後は米ドルは勿論、他の通貨まで大きく変動することが予想されます。

 

予想通り引き上げられた場合は米ドルはまず113円を突破するでしょうから絶対に逃さない様短期順張りの『HIGH』で稼ぐ事です。

 

そして万が一利上げが延期となった場合。その場合確実に米ドルは110円を底とし大きく下落します。延期となった際は短期取引で『LOW』で大きく稼げます。

 

どちらに動くにせよ確実に稼げる指標となるのでこの日に全力を捧げる勢いで行きましょう!

 

9月28日:アメリカ・PCEデフレータ

 

アメリカの個人消費の強さを示す指標でインフレ率と直接的な関係があるので今後の金融政策にも影響を与える重要指標となります。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180921122144p:plain

 

PCEデフレータはインフレ動向を確認するために最も重要な指標です。先日のFOMC表直後なので利上げされたか、そうでないかによって注目度が大きく異なります。

 

もし利上げが延期された状態であればPCEデフレーターの注目度は極めて高くなるでしょうし結果に対して米ドルは大きく変動するはずです。

 

利上げが実施されていた場合はやや注目度は下がりますので、無理に狙う必要もないかなと思います。

 

ハイローオーストラリア公式サイト
ハイローオーストラリア

ペイアウト2倍『ハイロースプレッド』『ターボスプレッド』が大人気の信頼度No,1ハイローオーストラリア!5,000円から入金できるので初めての人でも始めやすい!

ハイローオーストラリア公式サイトはこちら

 

ハイローオーストラリアで取引を始める流れ

所要時間:3分
口座開設
所要時間:5分
本人確認
所要時間:1分
入金
クリックで解説記事へ飛びます。

 

経済指標と合わせて読もう!ハイローオーストラリアで稼ぐ近道はコチラ!

ハイローオーストラリアで3年間ほどバイナリーオプションをやってきましたが、その中でも僕がこれだけははずせない!という攻略法を紹介しています

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!6つの必勝法!!

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!6つの必勝法!!

ハイローオーストラリアで攻略できる事を実証した、たった6つのポイントをまとめています。何もしらなかった僕が勝てるようになったバイナリーオプションを攻略するための必勝法です。誰でも簡単に実践出来る内容なので是非見て下さい!

記事はこちら
バイナリーオプションをやる上で覚えておきたい主要6つの通貨ペアの特徴

バイナリーオプションをやる上で覚えておきたい主要6つの通貨ペアの特徴

それぞれの通貨ペアの値動きの特徴を覚えておく事で取引を有利に進められる!この特徴を理解し、上の記事の攻略法を実践する事で勝率は面白いくらいアップ!経済指標実践の前に一度は読んで頂きたい!

記事はこちら