現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!

現役大学生がバイナリーオプションで世界一周旅行の費用200万円を稼ぐまでのブログ

11月20日~23日の夜の時間帯で使える経済指標まとめ!

こんばんは!遅くなりましたが今週の経済指標の狙い目について考えていこうと思います。先にお伝えしますと今週は大きな経済イベントがありません。

 

だからこそFXトレーダーや投資家も1つの経済指標を使って仕掛けにくると予想しています。トレーダーと共に行動が出来れば毎指標がチャンスになりますよね。今回はその中でも動いてきそうな部分をピックアップしてみますね。

 

またこういった場合の取引の行い方としては素直にRSIを確認しながらの順張りで大丈夫です。

 

乗り遅れない様に取引を行っていきましょう!

11月19日~11月23日の狙い目

11月20日:ドイツ・生産者物価指数

 

生産者側から見たインフレ度合いを示す指標でユーロの金融政策に強い影響を与えるので値動きの要因となります!

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20181119181131p:plain

 

ドイツの連邦統計局が発表する重要指標で生鮮品やエネルギー価格を除いた価格変動を知る事が出来ます。価格の変動が示す物は『インフレ』ですね。

 

その為トレーダーが注目する指標となります。

 

前期比でプラス1.0%以上、前年比でプラス3%以上だとポジティブサプライズになります。

 

ここを上回るとインフレが進んでいると判断出来るのでユーロの利上げが発表が予想出来ます。予想が付いた段階でユーロは買われますのでこのタイミングを狙って行きます。

 

一方前期比でマイナス圏、前年比でマイナス0%以下だった場合はネガティブサプライズとしてユーロ売りへと進みます。『EUR/JPY』の銘柄で発表値に応じた方向へエントリーしましょう。

 

11月20日:アメリカ・住宅着工件数

 

アメリカの住宅市場における先行指標で個人消費の強さや投資意欲の強さを知る事が出来るため重要指標として扱われています。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20181119183405p:plain

 

波及効果の大きい不動産系の経済指標は必ず投資家は注目します。

 

この住宅着工件数ですが前回は124万件の発表で、今回の予想は126万件と2万程高いものとなります。

 

上向き予想を超える発表であった場合は当然ポジティブサプライズとして米ドルは大きく上昇します。具体的には128~130万件といった所ですね。

 

逆にここまで高い予想なので120万件にも満たない発表だったりすると米ドルは大きく売られると思います。どちらに転んでも美味しい所です!

 

ここはしっかりと発表値に合わせて取引を行っていきましょうね!

 

発表値:128万件以上 『USD/JPY』=HIGH

発表値:120万件以下 『USD/JPY』=LOW

 

11月21日:アメリカ・耐久財受注(速報値)

 

耐用年数が3年以上の耐久財の受注状況の速報値です。企業の設備投資意欲を知る事が出来る重要指標です。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20181119184452p:plain

 

設備投資の規模を知る上で重要となる指標で速報値なので注目度が高くなります。

 

企業の先行き見通しが悪化すればこの耐久財受注の数値は悪化します。設備投資している場合じゃないですからね。

 

ですが最近は弱い結果となる月も多く雲行きが怪しくなっています。企業が悪化すると労働力市場にも影響が出ますので米ドル高へとグイグイ進むのは難しいと言えるでしょうね。

 

今回は-5%以下がネガティブサプライズ。+5%以上がポジティブサプライズとして扱われます。発表値に従って取引を行っていきましょう。

 

11月22日:アメリカ・中古住宅販売件数

 

アメリカの中古住宅の販売件数を示す指標です。中古物件は投資にも使われる為、この指標はアメリカの個人消費や個人の景況感を強く反映するものとなります。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20181119185928p:plain

 

先に発表された『住宅建設件数』よりも重要な意味を持つのが中古住宅販売件数です。

 

中古物件の場合『件数が多い=流動性が高い』という事です。そして流動性の高さはそのまま価値の高さを示します。先程もお伝えしましたが中古住宅は投資商品としての意味もありますので、注目度は高いのです。

 

今回の予測値は-2.8%と弱いものとなっていますが言い換えるとポジティブサプライズが発生しやすい状況とも言えます。発表の結果がプラス圏であればポジティブサプライズとなりますので狙いやすいと思います。

 

11月23日:カナダ・小売売上高

 

カナダ統計局が発表する経済指標でカナダの個人消費の強さを判断することが出来ます。

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20181119192525p:plain

 

週最後の指標はカナダの小売売上高になります。本当はアメリカの重要指標があれば良いのですが無かった為この指標を使って米ドルを狙って行きます。

 

カナダはアメリカの隣で米国経済の強い影響を受けるので代用できます。前回の発表ではマイナス圏だったのですが、再度上昇し好景気な流れを戻せるかがポイントです。

 

今回もマイナス圏で悪い結果だった場合はカナダドルと合わせて米ドルも売りに回られるでしょう。逆にプラス圏回帰で米ドルも上昇するでしょう。

 

無理に狙う必要は無い指標でありますが金曜日も取引する場合は上記の発表に合わせて取引していきましょう。

 

ハイローオーストラリア公式サイト
ハイローオーストラリア

ペイアウト2倍『ハイロースプレッド』『ターボスプレッド』が大人気の信頼度No,1ハイローオーストラリア!5,000円から入金できるので初めての人でも始めやすい!

ハイローオーストラリア公式サイトはこちら

 

ハイローオーストラリアで取引を始める流れ

所要時間:3分
口座開設
所要時間:5分
本人確認
所要時間:1分
入金
クリックで解説記事へ飛びます。

 

経済指標と合わせて読もう!ハイローオーストラリアで稼ぐ近道はコチラ!

ハイローオーストラリアで3年間ほどバイナリーオプションをやってきましたが、その中でも僕がこれだけははずせない!という攻略法を紹介しています

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!6つの必勝法!!

たったこれだけでバイナリーオプションを攻略できる!!6つの必勝法!!

ハイローオーストラリアで攻略できる事を実証した、たった6つのポイントをまとめています。何もしらなかった僕が勝てるようになったバイナリーオプションを攻略するための必勝法です。誰でも簡単に実践出来る内容なので是非見て下さい!

記事はこちら
バイナリーオプションをやる上で覚えておきたい主要6つの通貨ペアの特徴

バイナリーオプションをやる上で覚えておきたい主要6つの通貨ペアの特徴

それぞれの通貨ペアの値動きの特徴を覚えておく事で取引を有利に進められる!この特徴を理解し、上の記事の攻略法を実践する事で勝率は面白いくらいアップ!経済指標実践の前に一度は読んで頂きたい!

記事はこちら