現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!

現役大学生がバイナリーオプションで世界一周旅行の費用200万円を稼ぐまでのブログ

バイナリーオプション1本で2019年を食っていくための取引方法はコチラ

バイナリーオプション2019年

 

間もなく2018年も終わり2019年を迎える事になります。今日は2019年に利益を出すために皆さんにも実践して欲しい事をお伝えしたいと思います。

 

2018年を振り返ってみて僕は去年とほぼ変わらない勝率でプラス収支となりました。取引回数を重ねれば重ねる程に確率は収束しますので勝率は中々上がりませんね。

 

ちなみに僕は取引履歴をエクセルで管理しているのですが2018年1月から11月までの僕の勝率はトータルで71.2%でした。ちなみに2017年は72.1%とほぼ変わりません。

 

しかしながら利益だけは昨年よりも既にプラスです。取引回数も去年とさほど変わらないのですが、今年は業者の使い分けが上手く出来たところに昨年との差がでました。

 

どんな使い方をして2018年は利益を上げられたか。これを是非参考に皆さんは2019年に利益を上げて頂ければと思います。

 

状況により業者を使い分ける

 

これまではハイローオーストラリアのみで利益を上げていたのですが、欲を言えばもっと利益を出したい。そこで考えついたのが誰でも思いつく2つの選択肢です。

 

①勝率を上げる

②投資額を上げる

 

先程もお伝えしましたが取引回数を重ねると勝率は収束します。野球の打者がシーズン終了時に4割を超えられないのと同じで年間を通して勝率を70%⇒80%に上げる事は難しいです。なので勝率を上げるという考えは却下。

 

かといって投資額を上げてしまうとそれは負けた時のリスクにも繋がりますし、これは何年も変えずに1取引に最大5,000円までと決めています。なのでこちらも却下。

 

考え始めて1分足らずで頭打ちとなったのですが今年はファイブスターズマーケッツの登場により解消する事が出来ました。

 

ファイブスターズマーケッツの登場で何が変わったか。これは『アップダウン取引』という最大ペイアウト率3.22倍の取引ですね。

 

スプレッド幅が一般の取引に比べて広くなるため難易度は高く普段からこの取引をやっていたら正直利益なんて出ませんし無謀です。最初はそれでマイナスも出しました(笑)

 

ではいつ使うのかというと『経済指標』です。それも『米・雇用統計』やアメリカの不動産系の大きめの内容の時だけに限定します。なので週に1回取引に使うかどうか程度です。

 

ですがこれが今年は上手く行きました。

 

米雇用統計時の値動き

2018年12月6日の「米・雇用統計」

 

これはつい先日の雇用統計ですが、いくらスプレッドの幅が大きくても経済指標の前では無意味。大きくスプレッドを越えてくれて余裕の勝利も多くありました。ハイローオーストラリアだけで取引をしていると、雇用統計時のスプレッドの無駄遣いもこのアップダウン取引なら効率良く活かす事が出来ましたね。

 

5,000円の投資でもペイアウト率が3.22倍であれば1取引で11,100円の利益を出す事が出来たのでこの積み重ねが今年の収益に大きく影響しました。

 

この様に普段使いはハイローオーストラリア大きな経済指標はファイブスターズマーケッツと使い分ける事で勝率や投資額を変えずに収益を伸ばす事が出来ました。

 

アップダウン取引を狙う経済指標は?

 

だからと言って何でもかんでもアップダウン取引にしたらいい訳ではありません。そんな事をしていたら利益どころかきっと損益になるでしょう。

 

僕が毎週木曜~金曜日に書いている「経済指標まとめ」はご覧頂いていますでしょうか?

 

keizaisihyou-mokuzi

経済指標記事のメニュー

 

この様な形でメニューに「期待度」という事で★を表記しています。これは過去に大きな値動きが起こった指標や、値動きの常連組に対し付けています。

 

記事ではどの様な発表だったらHIGH・LOWにエントリーしたら良いか、狙い目も記載しています。預言者ではありませんので必ずその通りに動くわけではありませんが参考にして頂けると嬉しいです。

 

その中でも期待度が「★★★★」以上のものに関してはアップダウン取引が狙いやすい経済指標になりますのでこのタイミングで取引を行いましょう。

 

または雇用統計やFOMCといった「★★★★★」以上だけに絞り、後はスプレッド幅においてリスクの無いハイローオーストラリアで取引を行うのも1つの手段です。

 

要するに値動きを無駄にしない立ち回りを心がける事が重要です。

 

2019年は効率よく取引を行いましょう

 

以上が2018年に僕が行った事です。ネットを見ると何業者も登録している方が多いですが、正直僕はこの2業者だけで充分だと思っています。

 

普段使いのハイローオーストラリア

経済指標のファイブスターズマーケッツ

 

アップダウンはロマンがあるのでやりたくなりますが絶対に経済指標時以外は扱わない。そうやって自分ルールを作る事も大事です。

 

2019年は1月4日(金)の雇用統計から一緒にスタートダッシュしましょう!

 

このページで紹介した2業者

 

ハイローオーストラリア公式サイト
ハイローオーストラリア

ペイアウト2倍『ターボスプレッド』が大人気の信頼度No,1ハイローオーストラリアに仮想通貨銘柄が遂に登場!5,000円から入金できるので初めての人でも始めやすい!

ハイローオーストラリア公式サイトはこちら

 

ハイローオーストラリアで取引を始める流れ

所要時間:3分
口座開設
所要時間:5分
本人確認
所要時間:1分
入金
クリックで解説記事へ飛びます。

 

ファイブスターズマーケッツ公式サイト
ファイブスターズマーケッツ

アップダウン取引の最大ペイアウト率は驚異の3.22倍!!利益を求めるならファイブスターズマーケッツ!その他仮想通貨銘柄もあり土日でもバイナリー取引が可能!

ファイブスターズマーケッツ公式サイトはこちら

 

ファイブスターズオプションで取引を行うまでの流れ

所要時間:1分
口座開設
所要時間:3分
本人確認
所要時間:1分
入金
クリックで解説記事へ飛びます。