現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!

現役大学生がバイナリーオプションで世界一周旅行の費用200万円を稼ぐまでのブログ

MENU

お盆の忙しい時こそフォロートレードで取引を任せよう!

こんにちは!今日は13日、今日からが本当のお盆休みですね!

 

僕はこれから実家に行きます。なので取引はちょっと難しそうですね…。そんな時に活躍するのがアレです!

 

そう、オプションビットのフォロートレードです!最近はハイローオーストラリアばかりでオプションビットをやっていなかったのですが今日は久しぶりに使わせてもらおうと思います。

 

3名の方に取引をお願いしてみた

 

フォロートレードというのは自分の代わりに取引を行ってくれるという便利な機能です。当然ですが『当たりトレーダー』と『外れトレーダー』が存在する為安易に依頼を掛けるのはオススメ出来ません。

 

とはいうもののそのトレーダーを計る事は出来ません。なので『勝率』と『取引回数』をみて判断する事にしました。またコピー回数も「他の方も選んだ」という1つの指標にもなるので結構見てます。

 

当たり前ですが過去の僕の取引の統計的にもこの2つが高い方が、損益を出さずプラスに持って行ってくれる事が多かったです。

 

なのでそこを基準に3名のトレーダーに依頼する事にしました。

 

1人目:典.梶.さん

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180807193310p:plain

 

まず最初に選択したのは『典.梶.』氏です。

 

利益率は『24.2%』と高い数値ではありませんが、取引数は114という3桁超えにコピー回数が75回となっていたので信頼できそうだと感じました。

 

また100回以上の取引で勝率が6割を超えていたのも要因ですね。1取引辺り2,000円の投資額でフォローしてみようと思います!

 

2人目:Y.N.さん

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180807193625p:plain

 

続いてチョイスしたのは先程の『典.梶.』氏のすぐ上、『Y.N.』氏です。

 

この方は取引回数こそ16回とまだまだ少ないものの、コピー回数は既に3回を超えていました。また利益率も145%に勝率62%と、慎重そうな取引が好印象でしたね。

 

なので期待も込めて今回は1,500円で取引依頼を行ってみました。

 

3人目:T.K.さん

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180807193633p:plain

 

3人目は『T.K.』氏です。

 

この方の取引回数は405回と、最初の『典.梶.』氏を上回る程の取引回数を誇ります。またそれでいて勝率も約6割と高水準をキープしています。

 

コピー回数も37回と申し分なかったので選択してみました。

 

3番手で選んだ事もあり1,000円でフォローをさせてもらいました!

 

気になる結果はお盆明けに!

 

お盆期間中を戦ってくれる戦士を選んだところで僕は旅立ちます(笑)

 

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180807194048p:plain

 

この3名の取引内容についてはお盆が明けてからでもまたご紹介しようと思います。

 

結果が良ければ皆さんもフォローしてみてはいかがでしょうか?

 

オプションビット公式サイト
オプションビット

チャートの分析ができない人でも予想シグナルツール『アルゴビット』で簡単に利益が出せる!自動取引『フォロートレード』で他のトレーダーに取引を任せよう!

オプションビット公式サイトはこちら

 

オプションビットで取引を始める流れ

所要時間:3分
口座開設
所要時間:2分
口座へ入金
 
取引を開始
クリックで解説記事へ飛びます。

 

合わせて読みたいオプションビットの関連記事!

やはりオプションビットの最大の魅力は自動取引!アルゴビットやフォロートレードを使ってどんどん利益を出しましょう!

画像の名前

相場の動きを予想してくれるから何もしなくても良い!アルゴビットで勝率69%!

チャートの分析は苦手!そんな時はアルゴビットで自動取引をしてみませんか?予測されたシグナルに従って取引をするだけで勝率約7割!しかも公式サイトのツールなので安心して使う事が出来ます!

記事はこちら
『フォロートレード』の設定方法とトレーダー選びの基準とは

『フォロートレード』の設定方法とトレーダー選びの基準とは

リニューアル前のフォロートレードの記事ですが、根本的な考え方は以前も今も変わりません!ダメトレーダーを引かない為にもまずは選び方の基準を作りましょう!

記事はこちら